メガネを掛ける医者

無くしたいクマ

エステ

目の下にクマがあることは、とても見た目を老けた印象にしてしまいます。ですから、クマのことで悩んでいるというのなら一度美容外科へ相談したり、対策方法を聞いてみたりしてみてはどうでしょうか?

理想の自分になる近道

顕微鏡で見る

美容皮膚科でうけることが出来る施術の中には、簡単にうけることが出来る施術から時間がかかるものまで様々な施術が存在します。これらの施術をうけることでコンプレックスを解消することが出来るのです。

術後のフォローが大切

海と女性

近年人気のある施術の中に、脂肪吸引と呼ばれる施術が存在します。脂肪吸引を受けた跡はアフターケアが欠かせないものになってくるので、医師の忠告をしっかりと聞きましょう。

ホルモンを整える

赤いネイルと花

日本女性の平均閉経年数は、約50歳と言われています。 この閉経を挟んで前後10年間を更年期といい、心身に不調を訴える人が多く、これらの不調を一般に更年期障害と呼んでいます。 更年期障害の主な症状は、のぼせやほてり、異常な発汗、動悸、頭痛、肩こりや腰痛といった身体の不調から、イライラや鬱、不眠といった精神状態の不調まで幅広く、症状の現れも普段とほとんど変わらない方から枕も上がらないほど重い方まで様々です。 この更年期障害を改善する方法として最も効果的とされているのが、病院の婦人科もしくは更年期外来で行われるホルモン補充療法です。 更年期障害の原因は、閉経に伴う女性ホルモン「エストロゲン」の減少が自律神経を乱すことによって起こるとされています。 そこで、足りなくなったこのホルモンを補って改善を図る治療が、ホルモン補充療法です。 この補充されるホルモンは、医師の診察を受けてから処方されるものであり保険が適用されるため、自己負担が少なく、また更年期障害を根本的に治療できることから、症状に悩む人にとって大きな助けになると期待されています。

ホルモン補充療法は大変効果的な治療法ですが、いくらか副作用があることが知られています。 主なものとしては、不正出血・乳房のハリや痛み・下腹部のハリ・吐き気などがあげられますが、これらは薬の量や回数を減らすことで解消でき、また治療が慣れるにしたがって次第に治まってくることがほとんどなので、心配はいらないとされています。 ただし、体質によっては乳がんのリスクが上昇するケースがあるとされているため、この可能性のある人にはホルモン補充療法はあまり推奨できないのです。 こうした方は、ホルモン補充療法に代わって漢方による治療やサプリメントの服用が勧められます。 漢方の治療では、その人の体質や症状によって最も適切なものを処方しますので、素人判断せず必ず漢方の専門家のカウンセリングを受けてから購入することが大切です。 サプリメントは、エストロゲンと似た働きを持つ「大豆イソフラボン」が配合されたものが効果的とされています。 サプリはあくまでも健康食品ですが、それでも必ず適切な量を守って服用することが肝心です。

悩みを無くす

帽子をかぶる

顔に悩みがある場合、その悩みがコンプレックスになってしまい、日々の生活を楽しく過ごす事が出来なくなってしまう可能性があります。整形手術ではそうした悩みを改善していきます。

入院執

サロン